WLITE

言葉。文状の、言葉。殴るかわりに書く。


書くことが誰かに伝えることになってしまうので、人の目に触れさせたくないことを書くことは困難だ。
ということは人の目に触れる前提で書くことになる。

それが時には窮屈になるので、誰にも見られない場所で書きたくなることだってある。
吐き出したいけど公衆の面前で吐き出したくもない。

この場所がその調整弁として使える。
残しておいた意味があった。

アクセスのない場所で、ひたすら自分に向かって書き続ける。
辛いと何度書いても、苦しいと何度書いても、誰からもしかめ面されない。

受け止めてくれる人がいない以上、ここしかない。

ここも役に立ちますね。  

18.12.2010 "まだあった"


ああ2010年になっていた。
こっちの放置具合は相変わらずだ。でも電脳世界だからクモの巣も生えやしない。

苦しい部分や辛い部分を書くことをしなくなりつつある。
書いている自分が嫌になるから。
だからといって何かが変わったというわけでもない。ずっと止まっている。

抱え込むことにした。一人で抱え込むことに。
そうしかできなかった。

なにしてたんだっけ。  

11.3.2010 "NO"


 
2009年分
2008年分


プリントアウトすれば格言や印刷テストにもつかえる文達。使用したことによる損害については当方では責任取りません。
別のWebページに転載しちゃおう、書類に使っちゃおう、売り物にしちゃおう等、本当に万一するならなるべく許可とってください。
トップページの連絡欄、使ってください。


 

JAKUDOKU_PALSE