とり☆すた過去放送


バックナンバー

第一話:「報われない努力」
第二話:「仕事なくても働け」
第三話:「模倣」
第四話:「もう一つのものがたり」
第五話:「らせん」
第六話:「さよならは突然に」



第一話 「報われない努力」
香澄:なぁ、茜?
茜:何?
香澄:思うんやけど・・・ウチら仕事無いやないか?
茜:まぁ・・・無いわね。それがどうかしたの?
香澄:何でこの島に来たん?
茜:仕事だからよ。
香澄:・・・それが無いんや言うとるやろ?

(がらがら)
遥香:ただいまー♪
舞:・・・・・・
茜:あら、お帰り。ちゃんと買えた?
遥香:うん♪これだよねぇ?
茜:ん、OK。ありがとね。遊んできてもいいわよ。
遥香:わーい♪いってきまーす!

(がらがら)
舞:・・・・・・
茜:あら舞。どうしたの?
舞:・・・・・・(ぼそぼそ)
茜:そうなの?じゃあ、そろそろご飯作るわね。
舞:・・・・・・(こく)

香澄:今日も仕事無かったな・・・
茜:いいじゃない、暇で。
遥香:いただきまーす♪
舞:・・・・・・
茜:はい、召し上がれ。
香澄:まあ・・・ええか。



香澄:・・・という夢を見たんやけど、どう思う?
茜:知らないわよ・・・。















未咲:とりすたちゃんねるー♪

未咲:じー☆くれすとー!
皆さんこんにちは☆もうおなじみ、とりすたちゃんねるの時間がやってきましたー!
司会は私、トリスタで一番かわいーメイド長と評判の、未咲ちゃんでーす♪

翔:あ、どーも。未咲さんのアシスタント、天野翔です。宜しくお願いします。

未咲:えっと・・・とり☆すたが今日で第1回放送ですー。
翔:え?じゃあ先週のは何だったんですか?






未咲:別にどうでもいいじゃねえかよ・・・
翔:え?
未咲:顔見せ興行だっつの。一々気にすんなよ・・・
翔:あ、あー・・・そうだったんですか!
未咲:アタシの顔見せ興行だったのに・・・何で手前ぇが居たんだよ?
翔:い、いや・・・お仕事だと聞いたもので。
未咲:あぁ!?
翔:す、すみません!
未咲:大体さ。
翔:は、はいっ!?
未咲:番組自体に纏まりがねぇんだよ。
翔:え、えーっと・・・それはどういう?
未咲:ほら、もうじき時間も終わりなのに何もネタ振られて無いだろ?
翔:それもそうですね・・・
未咲:いや、お前のせいだろ全面的に。
翔:り、理不尽すぎる・・・
未咲:理不尽なのは手前ぇの存在だー!
翔:ひぃっ!なんでですかー!?
未咲:あーん!もうこんな時間ですかー!?
未咲淋しいですぅ・・・!もっと可愛い未咲の魅力に迫りたかったのにー・・・!
それでは皆さま、また来週ですー♪

翔:え、え?あ、また来週!
未咲:アリーっ☆

(がたんっ)




未咲:・・・なぁ?
翔:は、はいっ!?
未咲:・・・何でお前クビになってないの?
翔:い、いや・・・それは何というか。大いなる意思が働いたといいますか・・・
未咲:あぁ!?
翔:あ、やめて未咲さん!痛いわ!!!

(ぴちゅん)




WAWAWA忘れ物〜・・・

・・・え?俺が歌うの!?













さて次回のとり☆すたは!?
香澄や。結局、仕事って何なんやろな。
何もせえへんかったら、単なるニートやさかいな。
けど仕事が無いんやったら、しゃあないんと違うか?
「仕事する気無い」んや無うて、仕事無いんやで・・・。
次回、「仕事無くても働け」。お楽しみに。
第二話 「仕事無くても働け」
茜:・・・遥香?珈琲を入れて頂戴。
遥香:はーいっ♪

香澄:茜・・・何か変やで?
茜:何の事?
香澄:明らかに様子が変や。・・・何か隠しとるやろ。
茜:何でも無いわ。
香澄:嘘や。いつもの茜や無いで。

遥香:茜ー、できたよー?
茜:ん・・・ありがと。
香澄:・・・まぁ、えぇわ。


舞:・・・。
茜:舞・・・?
舞:・・・来た。
茜:え・・・!?

(がしゃーん!)

茜:な、何者っ!?
??:うふふ・・・♪
茜:あ、貴女は・・・未咲!?
未咲:そうよ・・・トリスタメイデン第1ドール、未咲よ!
茜:・・・のくせに。
未咲:!?
茜:駄メイドの癖に・・・。
未咲:何ですって!?
茜:止めなさい。あたしは戦う気なんて無いわ。
未咲:貴女には無くても、私にはあるのよっ!
茜:・・・そう。
未咲:それがお父様の望みなのよ!?
茜:だとしても、あたしは戦わないわよ。
未咲:くっ・・・レイピアッ!


(どかーん)

茜:未咲・・・っ!
















香澄:・・・という夢を見たんやけど、どう思う?
茜:知らないわよ・・・。というより、パクりが全てじゃないのよ。






















未咲:とりすたちゃんねるー♪

未咲:じー☆くれすとー!
皆さん、こんにちは〜☆★
毎回おなじみ、とりすたちゃんねるの時間ですー!
司会は私、メイド喫茶の従業員コンテストNO.1!未咲ちゃんでーす♪

翔:あ、どーも。そんなお美しい未咲さんのアシスタント、天野翔です。
今日も、宜しくお願いします。


翔:そういえば未咲さん。
未咲:はいはい?
翔:本編登場、おめでとうございます!
未咲:そう、その事を話そうと思ってたの!
翔:そ、そうなんですか。
未咲:全国200万人の未咲ファンの皆様!やっと未咲が本編登場を果たしましたー!
翔:・・・そんなにいたんですか。
未咲:いいんだよ、ちょっとくらい水増ししたって。
翔:・・・ちょっとじゃない気もするんですけどね。
未咲:あ!?文句あんのか手前ぇ?
翔:い、いえ!そういうわけではなく!
未咲:何で一話の段階で出てねぇんだよ。納得いかねぇ。
翔:うーん・・・そもそも良く出れましたね?
未咲:出て当然なんだから、当たり前だろ?
翔:そ、そうですよね!未咲さんなら、人気でますもんね!
未咲:・・・お世辞が下手だな、お前。
翔:お、お世辞じゃないです!
未咲:じゃあ社交辞令か。随分偉くなったなぁ、お前?
翔:で、ですから!わ、やめて!未咲さん、痛い!痛いですから!
未咲:・・・ん?
未咲:あーん!もうこんな時間なの!?
本編で会えたから登場時間はあまりかわらないけど、未咲は凄く寂しいですぅ・・・!
それじゃあ、また次回のとりすたちゃんねるでお会いしましょうっ♪

翔:え、えっと・・・また次回!
未咲:アリーっ☆

(がたんっ)


未咲:なぁ?
翔:は、はい?
未咲:もしこれでお前が出てくるようなことになったら・・・分かってるよな?
翔:だ、大丈夫です!オファーとか・・・
未咲:来ても断れよ。
翔:え?
未咲:来ても絶対断れよ!命令だ!
翔:は、はいっ!
未咲:はぁ・・・やれやれだぜ。
翔:・・・来たらどうしようかなぁ。


(ぴちゅん)














さぁて、次回のとり☆すたは!?
舞:・・・舞です。

・・・




・・・次回、「模倣」。
第三話 「模倣」
香澄:おーっす、茜!何しとるんや?
茜:あら香澄。ひょっとしてこれの事?
香澄:せや。・・・何や、ゲームか?
茜:そうよ。今日アップデートの日なのよ。
香澄:どういう事やねん?
茜:どうもゲームが新しく・・・あ、終わった。
香澄:何やこれ・・・面白いんか?
茜:まあまあよ。香澄もやる?
香澄:せやな、やってみよか。




茜:・・・・・・嘘でしょ?
香澄:どないしたんや、茜?
茜:イベントが全然変わってるじゃないの!これじゃまともにキャラ育成なんてできないわよ!
香澄:そうなんか?
茜:・・・こりゃ新規ユーザーは辛いわね。香澄、さっきあげたアイテム無駄になっちゃったわよ。
香澄:・・・すまん、説明してくれへんか?
茜:要するに、それは今までのクエストで必要だったアイテム。けど今じゃただのガラクタに過ぎないわ。
香澄:時代は進んどるんやな。
茜:悠長な事言ってる場合じゃないわよ!・・・あー、腹立つっ!





茜:あー、腹立つわ。
遥香:茜、どうしたの?
茜:・・・何でも無いわ、何でも。
遥香:でも・・・おこってるよ?
茜:何て言うのかしら。流石に今回ばかりは腹も立つわよ。
遥香:・・・んゅ?
茜:例えばさ、遥香。
遥香:?
茜:目の前に苺ケーキがあったとするじゃない。
遥香:わーい!
茜:・・・いや、あるとしてね?
遥香:ほぇ?
茜:・・・まぁ、いいわ。それが突然、形は同じなのに・・・辛くなったら困るでしょ?
遥香:んと・・・からいケーキは、やだよぉ・・・。
茜:でしょ?今、あたしが悩んでるのはそういう問題なの。
遥香:たいへん、なんだね・・・。
茜:分かってくれて幸いよ。
遥香:茜、がんばってね!
茜:はいはい。ありがと。




舞:・・・
茜:あら舞。どうしたの?
舞:・・・
茜:・・・何かしら?

(ぴんぽーん)

茜:・・・こんな時間に客?珍しいわね。

(がちゃ)

命:にゃはー☆
茜:み・・・命ちゃん!?どうして此処に!?
命:ゆふふふふ・・・ちょっとね?
茜:・・・何の用?
命:じつは・・・じゃーん!
茜:そ、それは・・・猫耳っ!!
命:ゆふふ・・・これをつけて、可愛くすゆのゆ。
茜:・・・嫌よ?あたしは。
命:・・・茜ちゃんじゃないゆ?
茜:・・・じゃあ、誰?
命:舞ちゃんだぁゆ。
茜:何ですって!?
舞:・・・・・・?
茜:ま、舞!逃げて!早く!
命:あ、舞ちゃんはっけーん!
茜:だ・・・誰かー!








茜:・・・!!
(ばさっ)
茜:な・・・何て言う悪夢よ・・・



茜:・・・でも冷静に考えてみたら、舞に猫耳って似合うわよね?


舞:・・・・・・











未咲:とりすたちゃんねるー♪

未咲:じー☆くれすとー!
皆さん、こんにちは〜!!!!
毎度おなじみ、とりすたちゃんねるの時間ですー!
司会は私、ますますかわいー!ってメールが多数届いている、未咲ちゃんでーす♪

翔:どーも。未咲さんの唯一のしもべ、天野翔です。
今日も、宜しくお願いします。

未咲:早いもので、もうとり☆すたも第三回!
それと同時に、このとりすたちゃんねるも早いこと第三回放送を迎えましたー!

翔:いやー、全く、めでたい!
未咲:そこで今回は、とり☆すたの登場人物紹介をしたいと思いまーーーす♪
翔:えー・・・本日は、この方ですね。・・・えっと、あ、フリップこれね。

              
翔:えー、新條 茜さん。年齢は現在23歳。
資料によりますと・・・この国で初めて、飛び級をした方という事で有名なんだそうです。

未咲:へー。頭いいのね。
翔:それに加え。容姿端麗、才色兼備、完璧人間!
未咲:・・・へぇ。
翔:それまでに通っていた高校ではトップクラスの人気者。またアイドル活動を行ってもいますね。
未咲:・・・はぁ。
翔:更に極めつけはその身体能力!何でも情報によりますと、国を背後から支えてきた暗殺未咲:あー五月蝿い!止めろ!
翔:はひっ!?
未咲:ったく・・・いるのよねー。この手の作品って、こういう奴が!
翔:・・・それは、どういう?
未咲:「何をやらせても完璧」っていう天才肌キャラ。腹立つわ!
翔:そ、そうですかね?
未咲:こういうキャラってのはプライドが高いんだよ。っていうか、高すぎんの。
翔:はぁ・・・。
未咲:んで一度自信失うとほっとんど帰って来ねぇんだろ。
翔:分かる気もします。
未咲:ヒロインぶってんじゃねえよ!!!!!
翔:ひぃぃぃ!み、未咲さん!
未咲:ちょっと位欠点が無いと、正ヒロインなんて程遠いんだよ!
翔:こ、これは厳しいお言葉・・・。
未咲:まぁ、その点この未咲様は最強だな。
翔:・・・あ、欠点だらけと。

(ごすっ)

未咲:あーーーん!もうこんな時間なのぉ!?
今日はこの茜さんについてお知らせいたしました!次回もキャラクター紹介をしたいと思いますっ☆
それでは皆さん、また来週!アリーっ♪


(がたんっ)




未咲:おい、立て。
翔:は、はひぃっ!?
未咲:確かに欠点が無いと、とは言ったぞ。
翔:そ、そうお聞きしました。
未咲:なら未咲様の欠点を言ってみろ。
翔:・・・暴力的、とか?
未咲:ほーーー。お前、いい度胸だな。
翔:そ、その大技モーションはまさか・・・!?
未咲:食らえ!アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ


(ぴちゅん)










さーて、次回のとり☆すたは!?
命:みこちんだゆ!
ざーんねんながら作戦は失敗したけど、まだ手はあゆのゆ!
そう!奥の手!「猫の手」がまだ残ってゆゆ!
・・・あれ?みんな、どーしたの?
次回、とり☆すた!「もう一つのものがたり」
おたのしみにっ!






この番組は、G▲CRESTと

ご覧のスポンサーの提供でお送りいたしました。
第四話 「もう一つのものがたり」
茜:・・・ふぅ、疲れた。
香澄:おーっす、茜。今日もネトゲか?
茜:違うわよ。・・・仕事よ、仕事。
香澄:何やて?依頼、入ったんか?
茜:まだ正式決定じゃないけど・・・多分ね。
香澄:そか・・・ほんなら、銃器メンテナンスしとかなな。
茜:そうね。・・・あの子達にも伝えておいてくれる?
香澄:合点や!






未咲:・・・レイピア!
(しゅんっ)
未咲:あらそう。あのおばかさん達がねぇ・・・


未咲:今度こそ、叩き潰してあげるわ!






遥香:おっけーだよっ!
香澄:こっちも完了やで、茜。
舞:・・・(こく)
茜:OK。じゃあ皆、行くわよ!


未咲:待ちなさい?


未咲:御機嫌よう。今日こそあんた達を倒しに来たわよ。

茜:・・・あら、わざわざそっちから出向いてくれたの?ありがたいわね。
遥香:ふぇ?
香澄:何やて、茜!?
茜:今回の目標・・・それは未咲よ。
香澄:あ・・・アホ言うたらあかん!未咲は・・・
未咲:ガタガタ五月蝿いわねぇ。・・・レイピア!

(どかーん)

遥香:にゃぁ!?
香澄:うぁっ!
舞:・・・!
茜:未咲・・・
香澄:何でや・・・茜!何で未咲と戦わなあかんねん!
茜:・・・
香澄:茜!
茜:・・・仕事だからよ。
香澄:仕事や言う理由で、未咲と戦うんか!?
茜:そうよ。
香澄:・・・あかん!それだけはあかんて!



未咲:そっちが来ないなら、こっちから行くわよぉ?
(どかーん)

茜:・・・もうっ!





(がばっ)
舞:・・・!

(とてとて)

茜:あら舞。どうしたの?
舞:・・・(ぼそぼそ)
茜:ゆ・・・夢を見たですって!?
舞:・・・(こく)
茜:く、詳しく聞かせて!




















未咲:とりすたちゃんねるー♪


未咲:じー☆くれすとー!
皆さん、こんにちは〜!!!! 毎度おなじみ、とりすたちゃんねるの時間でーす!
司会は私っ!どう考えても完全無欠の美少女、未咲ちゃんでーーす!

翔:どうも。完全無欠のアシスタント、天野翔です。宜しくお願いします。
未咲:とりすたちゃんねるももう4回目!
翔:いやー、長かったようで短かったですね。
未咲:というわけで今日は、大好評のキャラ紹介第2回をお送りしまーすっ!
翔:えーっと・・・あ、これか。・・・おっと、さかさまだった。

              
翔:えー・・・新條 遥香さん。現在20歳。三女の香澄さんとは双子ですね。
趣味は「身体を動かすこと」「スポーツ」「甘いものを食べる」「外で遊ぶ」・・・だそうです。

未咲:あー出た出た。天然バカ。
翔:・・・て、天然バカ?
未咲:いわゆる運動神経が良すぎて、脳みそに血液足りて無いんじゃねえかってキャラ。
翔:・・・天然ボケじゃなくて?
未咲:どう見てもバカじゃねえかよ!こんなキャラ!
翔:み、未咲さん!
未咲:ロリータ系のオタク共をターゲットにしたこういうキャラってのは、確かに作品中に1人は必要だぞ。
翔:は、はぁ。
未咲:だったら20歳って何だよ!おかしいだろ!
翔:あー・・・そこなんですか?
未咲:アタシと年一つしかかわんねーじゃねえか!
翔:・・・あれ?未咲さんって17歳だった気が

(ごすっ)

未咲:あ〜〜〜ん!もうこんな時間なのぉ!?
もうちょっとお話したかったのに、残念ですぅ〜!
次回は、もう1人キャラクターを紹介したいと思いますっ!良かったらまた来週も見てくださいねっ♪

翔:ま・・・また来週・・・
未咲:アリーっ☆

(がたんっ)



未咲:はー・・・やっぱりああいうキャラのほうが売れるのか?天野。
翔:どうなんでしょう。市場もこのところ目が厳しいですし。
未咲:やっぱりオタクって分かんねぇなぁ。ロリ顔巨乳の方が受けると思ってたんだけどなぁ。
翔:未咲さんって、そんなに胸ありました?
未咲:・・・
翔:し、失言でした!ゆ、許してええええええええええ

(ぴちゅん)












さーて、来週のとり☆すたは?
遥香:遥香だよっ!
・・・
・・・あれっ?
書いた紙、なくしちゃった!
え、えと・・・どうしよぉ!?
ふぇー、茜ーっ!



 「 ら せ ん 」 



この番組は、G▲CRESTと

ご覧のスポンサーの提供でお送りいたしました。
第五話 「らせん」
遥香:茜ー!
茜:あら、遥香。どうしたの?
遥香:んと・・・これ、なぁに?
茜:こ、これは・・・
遥香:・・・んゅ?
茜:(・・・これってWebMoneyの領収書じゃない。あたしカード決済だから違うわよ?)
遥香:・・・どうしたの?茜。
茜:ありがと、遥香。これが何なのかは後で説明してあげるわ。
遥香:うんっ♪



香澄:(また新しいんが出たんか・・・全く、金が持たんで)
茜:・・・香澄?入るわよ。
香澄:うおぁ、茜!?
茜:・・・何をうろたえてるのよ、あんたは。
香澄:い、いや・・・別に何でも無いで。
茜:そう。てっきり新課金ペットが出て、ポイント足りないって嘆いてるのかと思っちゃった。
香澄:!!



茜:・・・なるほどね。面倒だと思ってたけどWebMoneyもいい所あるのね。
香澄:せやでー。
茜:分かったわ、香澄。今度はあたしのも買って来なさい。いいわね?
香澄:へーい。


舞:・・・
舞:・・・(あ、10円・・・)
舞:・・・


香澄:10ポイント足らへん!あーーー、けったくそ悪いッ!






香澄:・・・とまぁ、そういう・・・
茜:夢ね?
香澄:いや、実際そうなんや。ポイントが足らへん。
茜:え!?









未咲:とりすたちゃんねるー♪


未咲:じー☆くれすとー!
皆さん、こんにちは〜!!!! 毎度おなじみ、とりすたちゃんねるの時間でーす!
司会は私っ!何だか最近HIT数急上昇!未咲ちゃんでーーす!

翔:どうも。人気急上昇・・・だといいな。アシスタント、天野翔です!
未咲:今日で5回目のとりすたちゃんねるですー!
翔:はい。段々いい感じになってまいりました!
未咲:というわけで今日も、キャラクター紹介でーすっ!
翔:では!3回目の今日はこの方です!

              

翔:えー・・・新條香澄さん。20歳。遥香さんとは双子の妹に当たります。
趣味は機械いじり、火薬の精製、銃撃。・・・何でしょうね、これ。

未咲:・・・オタク系女か。またありがちなパターンだな、オイ。
翔:幼少期に暫く違う地方で暮らしていたせいか、方言が若干・・・あるとか、ないとか。
未咲:とってつけたような似非関西弁か。
翔:ま、まぁ・・・そうですね。
未咲:お前知ってるか?こういう女ってのはな、大抵関西弁なんだよ。
翔:・・・何でですか?
未咲:オタクで、マニアックで、それで居て女っぽい動作が無い。
翔:はぁ・・・
未咲:どの作品でも基本、こういう女は関西弁になりやすいんだよ。
翔:そ、そうなんですか!?
未咲:あと眼鏡。これを忘れると、世の中のオタク共が黙っちゃ居られねえんだよ。
翔:重要なんですね・・・。
未咲:・・・ま、あたしに言わせりゃ今までの2人よりキャラ付けが甘いけどな。
翔:・・・そうなんですか。厳しいですね。
未咲:大体眼鏡かける人間がこれじゃ・・・可哀想だろ、眼鏡が。
翔:未咲さん、眼鏡お好きなんですか?
未咲:・・・一応これでも、普段は眼鏡だぞ。
翔:あ、じゃあ・・・今度は是非眼鏡で!
未咲:・・・あ?
翔:い、いえ・・・何でもございません。
未咲:お前がアタシに指図すんじゃねえ!!!
翔:ひぃぃぃ、やめて!ぶたないで!

未咲:あ・・・あーん!もうこんな時間!
みなさまぁ、香澄さんの事はわかっていただけたでしょうかー♪
それではまた次回、お会いしましょうっ☆

翔:ま、また・・・来週。
未咲:アリーっ☆

(がたんっ)



未咲:・・・
翔:未咲様、どうなさいました?
未咲:眼鏡ねぇ。
翔:いいと思うんですけど・・・
未咲:・・・
翔:め、眼鏡っ娘萌えー!ですか!?ひょっとして!あはははは!
未咲:・・・

(ぴちゅん)






さーて、次回のとり☆すたは!?
茜:茜よ。
・・・時代の流れって、やっぱり感じちゃうわね。
もう、あたしもこんな年だし・・・
青春か・・・もうちょっと、謳歌したかったわね。

次回、とり☆すた。
「さよならは突然に」。
・・・見て。



この番組は、G▲CRESTと

ご覧のスポンサーの提供でお送りしました。
第六話 「さよならは突然に」
舞:・・・
茜:あら、舞。どうしたの?
舞:・・・(ぼそぼそ)
茜:・・・ん、分かったわ。
舞:・・・



香澄:・・・何処や?ここ。
茜:もうじき、遥香と舞が来るから待っててくれるかしら。
香澄:別にええけど・・・
(ばたん)
遥香:お待たせーっ!
舞:・・・
茜:揃ったわね。
香澄:何が始まるんや、一体。
茜:あいつに・・・逢いに行くのよ。
遥香:んゅ?・・・だれに?
舞:・・・!
茜:来たわね。
香澄:だから、何がや!

(きらーん)

?:・・・誰ぞ!我が眠りを醒ます者は!
茜:覚悟なさい、邪神!
遥香:・・・じゃしん?
香澄:こらまた、結滞なネーミングやな・・・
茜:・・・ま、本名じゃないけどね。
香澄:・・・え。
邪神:ふん、目に物見せてくれるわ!
茜:望むところよ!!
邪神:食らえ必殺!みk

(ぴちゅん)


香澄:あああああ!消えよったあああ!
茜:な、何でよ!
遥香:・・・がめん、きえちゃったよー?
舞:・・・?
茜:め・・・メンテナンスですって!なんて事!?
香澄:あ・・・茜!
茜:何よ!
香澄:今日・・・・・・火曜日やったわ!
茜:あ・・・・・・!あたしとしたことが・・・!








茜:・・・という展開を考えたんだけど、どう思う?
香澄:どうって・・・・・・めっさ、ベタベタやないか。












未咲:とりすたちゃんねるー♪

未咲:じー☆くれすとー!

みなさまお久しぶりですっ☆ 司会は私っ、1日100HITサイト管理人の未咲でーす♪

翔:ど、どーも。天野翔です。宜しく、お願いします。
未咲:今日でとりすたちゃんねるも6回目っ!
翔:あ、あの・・・未咲さん?
未咲:はいはい?
翔:・・・本当に、眼鏡かけてきたんですね。
未咲:眼鏡っ娘属性を身に着けたあたしゃ、無敵じゃけんのう。
翔:そ、そーですか。・・・しかもなんかキャラ変わってるし。
未咲:そーゆうわけで、今日はキャラクター紹介4回目っ!
翔:あ、はい!本日はこちらの方になります!
              
翔:えー・・・、新條 舞さん。年齢は、18歳。現在、高校3年生ですね。
趣味は・・・「黒魔術の研究、占い、自然を慈しむ事」・・・何ですか、これ。

未咲:なぁるほどな。シメがこれかよ。
翔:シメ・・・ですか。
未咲:長女があの「しっかりした長女」タイプ。次女が「ロリ特有の天然ボケ」タイプ。
3女が「オタクの関西弁女」タイプ。で、最後に残ったこいつが・・・
翔:・・・?
未咲:「無口、無表情、不思議っ子」タイプだな。
翔:な、なるほど。
未咲:このキャラ設定を生み出した人間は・・・意外と凄いかもな。
翔:・・・と、言いますと?
未咲:一応、オタクのニーズってものを分かってるらしい。それなりに属性をカバーしてるんだよ。
翔:例えば?
未咲:姉、ツンデレ、妹、ロリ、ドジ、オタク女、関西弁、眼鏡、クーデレ、魔法少女と。
翔:確かに・・・そこ行くと、完璧ですね。
未咲:だが・・・足りてねぇ物があるんだよ。
翔:猫耳とかですか?
未咲:それは・・・ロボだよ、ロボ。
翔:ろ、ロボ!?
未咲:あ〜〜〜〜!思い出した!
翔:な、何をですか!?
未咲:お前あれだけ釘刺したのに本編出やがったろ!
翔:い、いや!ゲームの中だけですから!
未咲:許さねぇ!
翔:っていうか、何でさっきの話でそれを思い出すんですかー!?
未咲:・・・あとでお前、覚えとけよ。
翔:わー。・・・これ何て死亡フラグ?
未咲:あ〜〜〜ん!もうこんな時間ですかぁ!?
というわけで今回は舞さんの紹介でしたっ、また次回〜♪♪♪

翔:ま、また会いましょう!絶対!
未咲:アリーっ☆


(がたんっ)





未咲:じゃー、始めようか!
翔:な、何が始まるんですか!?

未咲:イッツ・ア・スモールワールド!
翔:・・・へ?
未咲:時は少しだけ止まるッ!
翔:・・・・・・(う、うごけない・・・)
未咲:せーの!アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ

(ぴちゅん)





さーて、次回のとり☆すたは!?
遥香:遥香だよっ。
んとー、もうすぐおやつのじかんなんだー☆
きょうのおやつ、なにかなぁ・・・。
・・・あ、「じかいよこく」をわすれてたよぉ!
ど、どうしよう!
ふぇ〜、またじかんがないよぉ〜!


「 適 材 適 所 」



この番組は、G▲CRESTと

ご覧のスポンサーの提供でお送りしました。



トップページに戻る